グループホーム フリンジ

日々の丁寧な暮らしを

グループホーム フリンジ

日々の丁寧な暮らしを

私たちの思い

日々の暮らしを自分らしく過ごしていただきたいと願っています。
そして、安らぎとぬくもりを感じていただき、
充実した日々をご提供します。

私たちの思い

日々の暮らしを自分らしく過ごしていただきたいと願っています。
そして、安らぎとぬくもりを感じていただき、充実した日々をご提供します。

施設情報

仙台市内に3つの施設があります。

グループホーム森の丘

グループホーム森の里

グループホーム森の谷

施設情報

仙台市内に3つの施設があります。

グループホーム森の丘

グループホーム森の里

グループホーム森の谷

入居までの流れ

入居までの基本的な流れとなります。

認知症介護のことやグループホームや有料老人ホームの入居について、分からないことがあればお気軽にご連絡ください。
「入居を検討したい」「グループホームや有料老人ホームのことを知りたい」「介護で困っていることがある」「次の生活の場が見つからない」など、お困りのことが御座いましたらまずはこちらにご連絡下さい。
TEL.022-123-4567

よろしければ一度、お近くの各施設にお越しください。
実際に利用者様が生活されている様子をご覧になることでイメージがつきます。その後、ご希望によって、当社の介護に対する考え方や一日の流れ、ご契約内容等についてご説明します。

グループホームや有料老人ホームへの入居をご希望される場合は、まずはご希望の施設に電話をおかけください。

ご希望の日時に、当施設の職員がご自宅 に伺い、ご本人の望まれる生活を確認します。
また、安全確保のため、お体の状態を把握します。少しでも顔なじみの関係を作ります。

認知症の診断が必要(グループホーム利用の場合)となるため、かかりつけの医師から診断書を作成してもらいます。
かかりつけの医師がいない場合は専門医をご紹介しますので、ご相談ください。

ご本人様の安全面等を考慮の上、ご入居の受け入れについてスタッフで話し合います。
万が一、ご入居いただくことができない場合は、他の生活環境をご案内します。

ご自宅、もしくは当施設にて、入居契約を結ばせていただきます。
ご入居頂くにあたっての確認事項を詳しくご説明しますので、ご不明・ご不安な点が御座いましたら、何なりとご質問ください。

なるべく今までお使いになられていた家具を持ち込んでいただくと、入居後も安心されます。
その他必要なものがあれば、安価でご提案、ご用意いたします。
状況によって、職員がサポートさせていただくことも可能ですので、事前にご相談ください。

※上記流れはあくまでひとつの目安となります。
 ご本人様、ご家族様のご希望に合わせて対応いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください

入居までの流れ

入居までの基本的な流れとなります。

認知症介護のことやグループホームや有料老人ホームの入居について、分からないことがあればお気軽にご連絡ください。 「入居を検討したい」「グループホームや有料老人ホームのことを知りたい」「介護で困っていることがある」「次の生活の場が見つからない」など、お困りのことが御座いましたらまずはこちらにご連絡下さい。 TEL.022-123-4567

よろしければ一度、お近くの各施設にお越しください。
実際に利用者様が生活されている様子をご覧になることでイメージがつきます。その後、ご希望によって、当社の介護に対する考え方や一日の流れ、ご契約内容等についてご説明します。

グループホームや有料老人ホームへの入居をご希望される場合は、まずはご希望の施設に電話をおかけください。

ご希望の日時に、当施設の職員がご自宅 に伺い、ご本人の望まれる生活を確認します。
また、安全確保のため、お体の状態を把握します。少しでも顔なじみの関係を作ります。

認知症の診断が必要(グループホーム利用の場合)となるため、かかりつけの医師から診断書を作成してもらいます。
かかりつけの医師がいない場合は専門医をご紹介しますので、ご相談ください。

ご本人様の安全面等を考慮の上、ご入居の受け入れについてスタッフで話し合います。
万が一、ご入居いただくことができない場合は、他の生活環境をご案内します。

ご自宅、もしくは当施設にて、入居契約を結ばせていただきます。
ご入居頂くにあたっての確認事項を詳しくご説明しますので、ご不明・ご不安な点が御座いましたら、何なりとご質問ください。

なるべく今までお使いになられていた家具を持ち込んでいただくと、入居後も安心されます。
その他必要なものがあれば、安価でご提案、ご用意いたします。
状況によって、職員がサポートさせていただくことも可能ですので、事前にご相談ください。

※上記流れはあくまでひとつの目安となります。
ご本人様、ご家族様のご希望に合わせて対応いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください

施設の様子

普段の施設の様子をご覧ください。

施設の様子

普段の施設の様子をご覧ください。

採用情報

共に働ける仲間を募集しています。

介護福祉士

介護士

看護師

採用情報

共に働ける仲間を募集しています。

介護士

介護福祉士

看護師

会社概要

社名

所在地

設立

資本金

代表取締役

従業員数

事業内容

フリンジ株式会社

宮城県仙台市青葉区本町1-9

平成20年4月1日

1,000万円

佐藤 太郎

50名

​高齢者介護施設等の運営​

会社概要

社名

所在地

設立

資本金

代表取締役

従業員数

事業内容

フリンジ株式会社

仙台市青葉区本町1-9

平成20年4月1日

1,000万円

佐藤 太郎

50名

​高齢者介護施設等の運営​

よくあるご質問

ご入居を検討されているご本人様の介護度と入居される施設によって料金が異なります。 施設ごとのページに料金の記載がございますのでそちらをご確認ください。
グループホームへの入居条件は以下の通りです。
  • 介護保険の要支援2以上の被認定者であり、かつ医師による認知症の診断を受けた方。
  • 少人数による共同生活を営むことに支障がない方。
  • 自傷他害の恐れがない方。
  • 医療機関において常時治療をする必要がない方。
  • 感染症がないこと(B型肝炎、C型肝炎を除く)
※詳細は各施設にお問い合わせください。
生活において必要なものについては、ご入居前にスタッフと話し合いリストを作成しますので、ご入居後は特に用意するものはございません。嗜好品についてはご入居後に必要に応じてご用意ください。
  • ご契約は、入居予定日の1ヶ月前から行います。
  • ご契約は、利用者代理人、身元引受人の2名様と行います。 但し、ご利用者本人が自署可能な場合は契約に参加いただきます。
  • 必要書類について、医師の診断書は入居予定日から1ヶ月前までのものが有効となります。 感染症の検査に1週間程度かかりますので、早めに準備のほどお願いします。
詳細は各施設にお気軽にご連絡ください。

グループホーム(認知症対応型共同生活介護施設)とは、
①認知症のケアを目的とした、②少人数制の、③家庭的な雰囲気で共同生活を送ることができる施設のことを言います。
大人数をひとまとめにして管理する施設とは異なり、5~9人くらいの少人数でグループ分けをし、認知症ケア専門の介護スタッフとともに生活しています。家族のようなグループをつくることによって他のお年寄りやスタッフと顔なじみになりやすく、自分を見失いがちな集団生活よりもはるかに安心して生活できる環境です。地域社会に溶け込むように生活することが理想とされます。一般的に家事などは職員や他の利用者と協力して行います。

グループホームでは、全て手作りのお食事を提供しております。
その場で調理しているので、ご利用者様一人ひとりの体調や嚥下の状態に合わせてメニューを少しずつ変えたり、食べやすいようにトロミや量を調整して提供しております。専任の管理栄養士によって全てのメニューは栄養学的にも配慮されております。効率重視の大規模施設にはできない"手づくりの家庭料理"をお出ししています。

お花見や夏祭り、クリスマス会やミニコンサート、外食など、楽しい行事も盛りだくさん。
また、月に一度、その月にお誕生日を迎えた方をお祝いするちょっとしたパーティも開かれています。輝くような思い出作りのために、スタッフ一同アイディアあふれる催しを企画していきますので、どうぞご期待ください。

介護施設において火災への対応が最も重要なことです。 当社では全施設が年2回の消防訓練を実施し、そのうち1回は必ず夜間帯を想定して行っております。また近隣の方にも協力頂き、消防訓練にも参加して頂いております。訓練以外でも全てのフロアーにスプリンクラー・火災報知機(消防署と直結)・消火器を設置。 また地震などの災害時のために非常食等を常備しております。

入居者様はもちろんスタッフもインフルエンザワクチンの接種は毎年行っております。
またノロウィルスなどの感染症対策として消毒液の設置を全フロアーに設置、スタッフや面会の方にも必ず消毒をお願いしております。

日常的な健康維持や病気などの早期発見のために、看護師の配置や訪問看護ステーションと契約し、定期的に看護師による訪問や往診医による診断を受けることができますのでご安心ください。

グループホームでは医療行為が行えない為、常時医療行為が必要になってしまった場合には病院への転院が必要となり入居を継続することができなくなります。 一時的な怪我や病気の場合は病院での治療後、改めてホームに戻ってくることも可能です。
当社には、きっちりと決められたタイムスケジュールがあるわけではありません。 食事の時間だけは健康のために不規則にならないようにしていますが、その他の時間は、皆さんがご自分の意思でのびやかに過ごしていただけるよう配慮しています。 ここは「家」であり、画一的な時間割を重視した施設ではないからです。 起床時間も特に決めてはいませんが、自然光がたっぷりと入る部屋なので、大体6時過ぎには皆さんがさわやかにお目覚めの時間を迎えていらっしゃいます。食事は8時、12時、6時の3回。その他、10時と3時にはお茶の時間があります。自由時間には、ふつうの生活と同じようにおそうじやお洗濯をしたり、お散歩や買い物、ゲームなどのレクリエーションをお楽しみいただいています。そして眠る前のひとときはリビングでのんびり。夜の9時を過ぎると、ほとんどの方がお部屋に戻られ、読書などのプライベートタイムを過ごしてからお休みになっています。

季節の移り変わりをなるべく感じて頂きたいと考えておりますので、行事・イベントを通じて季節の変化を実感できるように心がけております。1年の流れも画一的なものにならないよう、ご入居者様その人らしさを重視した1年を過ごして頂いております。

グループホームでは医療行為が行えない為、常時医療行為が必要になってしまった場合には病院への転院が必要となり入居を継続することができなくなります。
日常的な健康維持や病気などの早期発見のために、看護師の配置や訪問看護ステーションと契約し、定期的に看護師による訪問や往診医による診断を受けることができますのでご安心ください。

1ユニット5名~9名、実質最大で2ユニット18名までと法律上定められております。
ただし、法改正以前のは実質最大3ユニット27名まででしたので、弊社の初期のころの施設は最大27名定員のものもございます。

認知症とは「いったん正常に発達した知能(脳)に何らかの原因で記憶・判断力などの障害が起き、日常生活がうまく行えなくなるような病的状態」を言います。

少しでも心配な症状があるようでしたら、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

各施設までお気軽にご相談ください。

よくあるご質問

ご入居を検討されているご本人様の介護度と入居される施設によって料金が異なります。
施設ごとのページに料金の記載がございますのでそちらをご確認ください。

グループホームへの入居条件は以下の通りです。

  • 介護保険の要支援2以上の被認定者であり、かつ医師による認知症の診断を受けた方。
  • 少人数による共同生活を営むことに支障がない方。
  • 自傷他害の恐れがない方。
  • 医療機関において常時治療をする必要がない方。
  • 感染症がないこと(B型肝炎、C型肝炎を除く)

※詳細は各施設にお問い合わせください。

生活において必要なものについては、ご入居前にスタッフと話し合いリストを作成しますので、ご入居後は特に用意するものはございません。嗜好品についてはご入居後に必要に応じてご用意ください。

  • ご契約は、入居予定日の1ヶ月前から行います。
  • ご契約は、利用者代理人、身元引受人の2名様と行います。
    但し、ご利用者本人が自署可能な場合は契約に参加いただきます。
  • 必要書類について、医師の診断書は入居予定日から1ヶ月前までのものが有効となります。
    感染症の検査に1週間程度かかりますので、早めに準備のほどお願いします。

詳細は各施設にお気軽にご連絡ください。

グループホーム(認知症対応型共同生活介護施設)とは、
①認知症のケアを目的とした、②少人数制の、③家庭的な雰囲気で共同生活を送ることができる施設のことを言います。
大人数をひとまとめにして管理する施設とは異なり、5~9人くらいの少人数でグループ分けをし、認知症ケア専門の介護スタッフとともに生活しています。家族のようなグループをつくることによって他のお年寄りやスタッフと顔なじみになりやすく、自分を見失いがちな集団生活よりもはるかに安心して生活できる環境です。地域社会に溶け込むように生活することが理想とされます。一般的に家事などは職員や他の利用者と協力して行います。

グループホームでは、全て手作りのお食事を提供しております。
その場で調理しているので、ご利用者様一人ひとりの体調や嚥下の状態に合わせてメニューを少しずつ変えたり、食べやすいようにトロミや量を調整して提供しております。専任の管理栄養士によって全てのメニューは栄養学的にも配慮されております。効率重視の大規模施設にはできない"手づくりの家庭料理"をお出ししています。

お花見や夏祭り、クリスマス会やミニコンサート、外食など、楽しい行事も盛りだくさん。
また、月に一度、その月にお誕生日を迎えた方をお祝いするちょっとしたパーティも開かれています。輝くような思い出作りのために、スタッフ一同アイディアあふれる催しを企画していきますので、どうぞご期待ください。

介護施設において火災への対応が最も重要なことです。
当社では全施設が年2回の消防訓練を実施し、そのうち1回は必ず夜間帯を想定して行っております。また近隣の方にも協力頂き、消防訓練にも参加して頂いております。訓練以外でも全てのフロアーにスプリンクラー・火災報知機(消防署と直結)・消火器を設置。
また地震などの災害時のために非常食等を常備しております。

入居者様はもちろんスタッフもインフルエンザワクチンの接種は毎年行っております。
またノロウィルスなどの感染症対策として消毒液の設置を全フロアーに設置、スタッフや面会の方にも必ず消毒をお願いしております。

日常的な健康維持や病気などの早期発見のために、看護師の配置や訪問看護ステーションと契約し、定期的に看護師による訪問や往診医による診断を受けることができますのでご安心ください。

グループホームでは医療行為が行えない為、常時医療行為が必要になってしまった場合には病院への転院が必要となり入居を継続することができなくなります。
一時的な怪我や病気の場合は病院での治療後、改めてホームに戻ってくることも可能です。

当社には、きっちりと決められたタイムスケジュールがあるわけではありません。
食事の時間だけは健康のために不規則にならないようにしていますが、その他の時間は、皆さんがご自分の意思でのびやかに過ごしていただけるよう配慮しています。
ここは「家」であり、画一的な時間割を重視した施設ではないからです。
起床時間も特に決めてはいませんが、自然光がたっぷりと入る部屋なので、大体6時過ぎには皆さんがさわやかにお目覚めの時間を迎えていらっしゃいます。食事は8時、12時、6時の3回。その他、10時と3時にはお茶の時間があります。自由時間には、ふつうの生活と同じようにおそうじやお洗濯をしたり、お散歩や買い物、ゲームなどのレクリエーションをお楽しみいただいています。そして眠る前のひとときはリビングでのんびり。夜の9時を過ぎると、ほとんどの方がお部屋に戻られ、読書などのプライベートタイムを過ごしてからお休みになっています。

季節の移り変わりをなるべく感じて頂きたいと考えておりますので、行事・イベントを通じて季節の変化を実感できるように心がけております。1年の流れも画一的なものにならないよう、ご入居者様その人らしさを重視した1年を過ごして頂いております。

グループホームでは医療行為が行えない為、常時医療行為が必要になってしまった場合には病院への転院が必要となり入居を継続することができなくなります。
日常的な健康維持や病気などの早期発見のために、看護師の配置や訪問看護ステーションと契約し、定期的に看護師による訪問や往診医による診断を受けることができますのでご安心ください。

1ユニット5名~9名、実質最大で2ユニット18名までと法律上定められております。
ただし、法改正以前のは実質最大3ユニット27名まででしたので、弊社の初期のころの施設は最大27名定員のものもございます。

認知症とは「いったん正常に発達した知能(脳)に何らかの原因で記憶・判断力などの障害が起き、日常生活がうまく行えなくなるような病的状態」を言います。

少しでも心配な症状があるようでしたら、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

各施設までお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ご不明点やご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご不明点やご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

更新日:

Copyright© Fringe , 2020 All Rights Reserved.